鍼治療

こんにちは!

堺市諏訪ノ森の黒岩鍼灸整骨院です!

 

 

先日、中学生の野球少年が初めて鍼治療を

しました(*^^)

 

はじめは、「先生、はりってどんなん?」

「はりって、こわい?痛い?」

沢山の質問が飛び交いました!

 

 

緊張しながらの、はり治療START!!

 

 

 

・・・

 

「え、もう刺さったん?!全然わからんかった!」

「これやったら、全然痛くないわ!大丈夫!!」

 

痛めていた足も『動かしやすくなった!』と、

嬉しいお言葉を頂き、帰っていきました。

 

 

 

 

鍼は、髪の毛程の細いステンレス製の鍼を

ツボや筋肉に刺入します。

刺入方法は、

主に“管鍼法(かんしんほう)”と言って

円形の細い筒を用いて無痛で刺入します。

ツボに刺入した鍼は刺激鍼を上下したり回旋、振動させたりします。)を加えて

すぐに抜く方法と、10~15分間置いておく

場合があります。

また、刺入した鍼に、電気刺激を与える場合も

あり痛みや筋肉のこり、

血液循環の促進に効果があります。


その他に、刺入せずにローラー式の鍼や

スプリング式の鍼で皮膚に接触させたり押圧させたりする方法もあり、“小児鍼”として

乳幼児のかんむし・夜尿症・夜泣きなどに

効果があります。


現在の鍼の消毒は、オートクレーブという

高温高圧式滅菌装置や化学的な方法で

行っております。

一回限りで使い捨てのディスポ鍼を

使用しているので、感染症の心配はなく

安心して受けて頂けます。

 

 

鍼の効果は、筋肉の痛み・頭、目、顔の

症状・スポーツによる症状・

婦人科系の症状・心の疲れ・内臓の疲れ

など…多種多様です。

 

 

一度、当院で鍼治療を受けてみませんか?