本物だから認められている鍼灸良導絡療法

 

 

 鍼灸の適応 WHO(世界保健機関)

 

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎の痛みの治療ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります

人は元々自然治癒力といわれる病気を治す力を持っています

病気になるのはその様な力が弱まり自律神経のバランスをくずした時だと考えられます

『良導絡自律神経調整療法』は伝統的な医術を生かしつつ科学化されまた薬等は使用せずに自然治癒力を引き出し抵抗力を高める治療法です

 

●鍼灸良導絡療法
2000
年以上の歴史と独特の医学体系をもつ、代替医療の代表的な治療法です。鍼灸良導絡療法を活用することで自律神経やホルモン、免疫といった全身バランスを調整する古くて新しい鍼灸診療です。

 

当院では他院にはない、専門の機器で手足の良導点(ツボ)を測定する『良導絡自律神経調整療法』という方法で、自律神経(気の流れ)の状態を測定します。簡単な例でしたら、体脂肪計で測定する際に微弱な電気が体に流れ、測定を行います。同じように手首、足首12か所の反応点に端子を当て、測定します。体調・体質・代謝機能・ストレス状態が数値とグラフで一目でわかります。

測定結果と問診を元にカウンセリングを行い、東洋医学目線で患者様それぞれの体調に合わせた完全オーダーメイドの全身治療をさせていただきます。

 基本の鍼灸治療に西洋医学の考えを取り入れた、『良導絡自律神経調整療法』全身のバランスを調整し、自然治癒力を高めて、さまざまな症状を根本から取り除く全身治療を行います。

 

ストレスによる自律神経の乱れが原因で、「原因はわからないが体調がすぐれない」、また「病院の診断ではどこも悪くないので治療をしてもらえない」といった方に特におすすめです。

 

"健康ではない"症状を"未病"といい、病気になってから治すのではなく、"未病を治す"ことが重要と考え、病気になる前に鍼灸治療で経絡を調整し、五臓六腑の不調を整え、気の流れや血流やリンパの流れを改善し、病気にかかりにくい体質に変えていきます。そのために当院では、患者様お一人お一人の症状に合わせて、オーダーメイドの治療を施します。

 

 ●食養生指導

 身体は食事によって作られるといっても過言ではありません。それだけに正しい食生活を送ることが健康の基本です。
当院で は東洋医学の食養生と現代の栄養学を研究し、患者さん一人一人の体質に合った食事指導を行っています。

 

堺市だけでなく、大阪全域や他府県からも多くの患者様に来院頂いております。

 

鍼灸の適応例

 

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

  

【神経系疾患】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】

関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善